menu
閉じる
  1. ヘクシャー・オリーンモデルとは?|ミクロ経済学(23)
  2. パレート効率的な状態の事例|ミクロ経済学(21)
  3. 市場の均衡点とは?|ミクロ経済学(16)
  4. 経済学の初心者が教える経済学|ミクロ経済学(1)
  5. 死荷重の解説/余剰分析|ミクロ経済学(20)
  6. 余剰分析を考えてみる|ミクロ経済学(19)
  7. 損益分岐点と操業停止点|ミクロ経済学(3)
  8. 貿易に関税をかけると余剰はどうなる?|ミクロ経済学(25)
  9. 長期における費用関数|ミクロ経済学(5)
  10. 生産関数によるアプローチ|ミクロ経済学(7)
閉じる
閉じる
  1. 知的財産権における過失の推定規定
  2. 契約不適合
  3. 改正民法における債務不履行の大きな改正点のひとつ
  4. 会計監査限定監査役が採用可なのは?
  5. 監査役の任期
  6. 売主追加請求権について
  7. リスクプレミアム
  8. リスクフリーレートとは
  9. キャピタルゲインとインカムゲイン
  10. リースの分類
閉じる

重要論点がわかる!中小企業診断士ブログ

知的財産権における過失の推定規定

知的財産権における過失の推定規定とは、調べれば簡単わかることなんだから、知らなかったよと言ってもダメだよ。ということ。
通常は被害者が加害者の故意、過失を証明しないといけないが、過失の推定規定があると、加害者が無過失を証明しないといけない。
例えば、特許権の場合は、特許がとられていると思わなかったと、加害者が無過失を主張しても、特許がとられているかどうかは容易にしらべることができるから、過失があったと推定するわけです。
つまり、被害者が過失を証明しなくてもいいということ。
こうした経緯からもわかるように、容易に調べられる以下は過失の推定規定が設けられている。
特許法 意匠法 商標法
実用新案、知的財産権などは、過失の推定規定はなしです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

  1. 売主追加請求権について

  2. 監査役の任期

  3. 会計監査限定監査役が採用可なのは?

  4. 改正民法における債務不履行の大きな改正点のひとつ

  5. 法定担保物権と約定担保物権の違いとは

  6. 簡易組織再編とは

おすすめ記事

  1. 貿易に関税をかけると余剰はどうなる?|ミクロ経済学(25)
  2. 人々はなぜ貿易をするのか|自由貿易による余剰|ミクロ経済学(24)
  3. ヘクシャー・オリーンモデルとは?|ミクロ経済学(23)
  4. 絶対優位でなく比較優位がスゴイ|国際貿易|ミクロ経済学(22)
  5. パレート効率的な状態の事例|ミクロ経済学(21)

最新記事

  1. 知的財産権における過失の推定規定とは、調べれば簡単わかることなんだから、知らなかったよと言ってもダメ…
  2. 改正前の民法では瑕疵担保責任が規定されていた。 この「瑕疵」という概念が変わり、「契約不適合」となっ…
  3. 債務不履行よる契約解除は、債務者の帰責事由を不要としたため、債務者に故意、過失がなくても、債権者は契…
  4. 以下の両方を満たす会社。①大会社でない非公開会社 ②監査役会を設置していない会社会計監査限定…
  5. 公開会社なら4年で短縮不可。非公開会社も原則4年だが、定款により10年まで伸ばすことができる。…

おすすめ記事

  1. 知的財産権における過失の推定規定
  2. 契約不適合
  3. 改正民法における債務不履行の大きな改正点のひとつ

Facebook

【注意】記事へのコメント欄について

コメント欄はスパムが多いため大変申し訳ございませんが中止とさせて頂きました。修正加筆など含めこちらからご連絡いただければ、内容によりますが記事に反映することも可能です。
ページ上部へ戻る