menu
閉じる
  1. 貿易に関税をかけると余剰はどうなる?|ミクロ経済学(25)
  2. 余剰分析を考えてみる|ミクロ経済学(19)
  3. 生産関数によるアプローチ|ミクロ経済学(7)
  4. 需要の価格弾力性とは?|ミクロ経済学(13)
  5. パレート効率的な状態の事例|ミクロ経済学(21)
  6. 市場の均衡点とは?|ミクロ経済学(16)
  7. 長期における費用関数|ミクロ経済学(5)
  8. 死荷重の解説/余剰分析|ミクロ経済学(20)
  9. 人々はなぜ貿易をするのか|自由貿易による余剰|ミクロ経済学(24)
  10. ヘクシャー・オリーンモデルとは?|ミクロ経済学(23)
閉じる
閉じる
  1. プロダクトライフサイクル
  2. 略式組織再編とは
  3. 簡易組織再編とは
  4. 情報の不完全性|ミクロ経済学(29)
  5. 寡占市場とは?|ミクロ経済学(28)
  6. 独占市場とは要するにどういうこと?|ミクロ経済学(27)
  7. 不完全競争市場とは?|ミクロ経済学(26)
  8. 貿易に関税をかけると余剰はどうなる?|ミクロ経済学(25)
  9. 人々はなぜ貿易をするのか|自由貿易による余剰|ミクロ経済学(24)
  10. ヘクシャー・オリーンモデルとは?|ミクロ経済学(23)
閉じる

重要論点がわかる!中小企業診断士ブログ

絶対優位でなく比較優位がスゴイ|国際貿易|ミクロ経済学(22)

リカードの比較生産性

国際貿易を考える上で、どのような利益を生み出すのか。というのを理解していく。

リカードの比較生産費説が、その考え方の基本となる。

私の妻は絶対優位

リカードの比較生産費説を理解するために、絶対優位の例を考えて見た。

絶対優位という言葉でまず思いついたのは妻だ(笑)

そこで、私と妻の能力の差を表1に示してみた。

20140423_020226.jpg

妻は1回の食器洗いを30分、1回の洗濯を1時間30分でこなせる。

私が食器洗いをすると2時間かかり、洗濯は3時間かかる。

私は比較的、食器洗いの方ができると思っていたが、それでも妻には勝てない。

これは絶対優位ということだ。

私の比較優位は逆?

私は食器洗いの方ができると思っている。だから、私が手伝うのはいつも食器洗いだった。

ここで、比較優位について考えてみる。

比較優位を考えるために、表2のようにそれぞれの生産性の比率を割り出して見る。

妻は、食器洗いの生産性を1とすると洗濯は3になる。

私は、食器洗いの生産性を1とすると洗濯は1.5だ。

この場合、

私は洗濯に比率優位をもつ。

という。

なお、比較優位では、

すべての財(サービス)に比較優位を持つことはない。

つまり、私が洗濯に比較優位をもつということは、同時に、

妻は食器洗いに比較をもつ。

ということができる。

何故、貿易がスゴイのか

それでは、貿易がスゴイ理由を考えてみる。

比較生産費説では、各国か比較優位をもつ財(サービス)に専念し、足りない分を補いあえば両国の総生産性を上げることができる。

家事に戻って考えてみよう。

一週間のうち家事に割ける時間は、妻が15時間、私は12時間であった。

あるとき妻とケンカしてしまい、自分のことは、自分でやれ!となってしまった。

妻は食器洗いを12回、洗濯を6回できるが、

私は、食器洗いを3回、洗濯を2回しかできない。

夫婦合計では、食器洗い15回、洗濯8回となる。

その後、仲直りし、助け合い(貿易)をすることになった。

私達は、リカードが言うことを信じ、私が今まで専念していた食器洗いでなく、比較優位をもつ洗濯に専念することにした。

そうすると、あら不思議。

妻は食器洗いを18回、洗濯を2回、私は食器洗いをせず、洗濯を4回やれた。

つまり、夫婦合計では、洗濯の回数を減らさずに食器洗いを12回から18回に増やすことができた。

表3,4を参照

20140423_020519.jpg

これが、リカードの比較生産費説である。

ちなみに、比較優位を無視して、今までどおり、私の直感に従って食器洗いに専念していたら、回数を増やすことはでていなかった。
(計算してみるとわかる)

というところが重要なポイントだ。

編集後記

この物語はフィクションです(笑)。

ご指摘質問等は、コメント欄にてお願い致しますm(__)m
ただし、コメント承認出来ないケースもありますが、その点、ご了承ください。

▼▼▼続きを読みたい人は▼▼▼

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

  1. 人々はなぜ貿易をするのか|自由貿易による余剰|ミクロ経済学(24…

  2. 損益分岐点と操業停止点|ミクロ経済学(3)

  3. ワルラス的不安定なのにマーシャル的安定?|ミクロ経済学(18)

  4. 貿易に関税をかけると余剰はどうなる?|ミクロ経済学(25)

  5. 需要の価格弾力性とは?|ミクロ経済学(13)

  6. 市場均衡の調整過程とは?|ミクロ経済学(17)

おすすめ記事

  1. 貿易に関税をかけると余剰はどうなる?|ミクロ経済学(25)
  2. 人々はなぜ貿易をするのか|自由貿易による余剰|ミクロ経済学(24)
  3. ヘクシャー・オリーンモデルとは?|ミクロ経済学(23)
  4. 絶対優位でなく比較優位がスゴイ|国際貿易|ミクロ経済学(22)
  5. パレート効率的な状態の事例|ミクロ経済学(21)

最新記事

  1. 企業が提供する商品あるいはサービスは、生まれてから成長し、遅かれ早かれ衰退します。それを4つ…
  2. 略式組織再編とは、支配関係のある会社間での組織再編について、十分な支配下にある株式会社での株主総会決…
  3. 簡易組織再編とは、簡単に言うと、組織再編を通して、対価を受ける側の企業が、その対価が十分に少ないとき…
  4. はじめに ここまでは、完全競争市場という社会的余剰が最大化された市場…
  5. 寡占市場独占市場はプライスを決定する一企業が存在する市場である。寡占市場は、かせんし…

おすすめ記事

  1. プロダクトライフサイクル
  2. 略式組織再編とは
  3. 簡易組織再編とは

Facebook

【注意】記事へのコメント欄について

コメント欄はスパムが多いため大変申し訳ございませんが中止とさせて頂きました。修正加筆など含めこちらからご連絡いただければ、内容によりますが記事に反映することも可能です。
ページ上部へ戻る