menu
閉じる
  1. ワルラス的不安定なのにマーシャル的安定?|ミクロ経済学(18)
  2. 需要の価格弾力性とは?|ミクロ経済学(13)
  3. 経済学の初心者が教える経済学|ミクロ経済学(1)
  4. パレート効率的な状態の事例|ミクロ経済学(21)
  5. 貿易に関税をかけると余剰はどうなる?|ミクロ経済学(25)
  6. 死荷重の解説/余剰分析|ミクロ経済学(20)
  7. 人々はなぜ貿易をするのか|自由貿易による余剰|ミクロ経済学(24)
  8. 絶対優位でなく比較優位がスゴイ|国際貿易|ミクロ経済学(22)
  9. 余剰分析を考えてみる|ミクロ経済学(19)
  10. ヘクシャー・オリーンモデルとは?|ミクロ経済学(23)
閉じる
閉じる
  1. プロダクトライフサイクル
  2. 略式組織再編とは
  3. 簡易組織再編とは
  4. 情報の不完全性|ミクロ経済学(29)
  5. 寡占市場とは?|ミクロ経済学(28)
  6. 独占市場とは要するにどういうこと?|ミクロ経済学(27)
  7. 不完全競争市場とは?|ミクロ経済学(26)
  8. 貿易に関税をかけると余剰はどうなる?|ミクロ経済学(25)
  9. 人々はなぜ貿易をするのか|自由貿易による余剰|ミクロ経済学(24)
  10. ヘクシャー・オリーンモデルとは?|ミクロ経済学(23)
閉じる

重要論点がわかる!中小企業診断士ブログ

タグ:経済学

予算集合予算制約線については、前回説明したとおり、右下がりの直線になる。グラフでは、y切片、x切片、原点を頂点とした、三角形ができる。その、三角形の中は予算の中で取りうる財の組み合わせの集合になる。効用最大化…

予算制約線私のお小遣いは40000円である。カキフライ定食は1000円、牛丼なら500円だ。40000円を全てカキフライ定食か牛丼で使うとする。カキフライの数をx、牛丼の数をyとしたとき、以下の制約が生ずる。…

生産関数企業の利潤を理解するために、今まで費用を考え供給の特性をとらえた来た。ここでは、生産に対する投入物と生産物の関係性から、利潤の最大化について考えてみる。生産に対して投入するものを生産要素と呼ぶ。生…

課税の種類税金には色んな種類がある。例えばタバコ。販売価格の6割以上は税金だが、税金は1000本当たりでいくらかが決まる。価格には関係ない。例えば、高いタバコも安いタバコも税金は同じだということだ。…

短期的な固定費用長期における費用の特性について考えてみよう。まずその前に短期的な固定費用について考えてみる。ラーメン屋を始めるときに、店舗の場所を決めて、設備等を準備する。どの程度の広さの店、どれくらいの設備…

損益分岐点と操業停止点前回書きかけたが、長くなりそうだから、新しい記事で説明しよう。この2つは違いがわからん、というやつが多いな。たしかに曲線を使っての説明は私もさっぱりわからんが、そんなに難しく考える必要はない。…

経済学とはなにか経済学とは世の中の経済事象を単純化して捉える学問だ。その目的は何か?世の中を経済的に豊かにすること。だと私は信じている。この点は諸説あると思うが、ここでは深入りしない。単純化と…

最新記事

  1. 企業が提供する商品あるいはサービスは、生まれてから成長し、遅かれ早かれ衰退します。それを4つ…
  2. 略式組織再編とは、支配関係のある会社間での組織再編について、十分な支配下にある株式会社での株主総会決…
  3. 簡易組織再編とは、簡単に言うと、組織再編を通して、対価を受ける側の企業が、その対価が十分に少ないとき…
  4. はじめに ここまでは、完全競争市場という社会的余剰が最大化された市場…
  5. 寡占市場独占市場はプライスを決定する一企業が存在する市場である。寡占市場は、かせんし…

Facebook

ページ上部へ戻る