menu
閉じる
  1. 経済学の初心者が教える経済学|ミクロ経済学(1)
  2. ヘクシャー・オリーンモデルとは?|ミクロ経済学(23)
  3. 市場の均衡点とは?|ミクロ経済学(16)
  4. 貿易に関税をかけると余剰はどうなる?|ミクロ経済学(25)
  5. 需要の価格弾力性とは?|ミクロ経済学(13)
  6. 損益分岐点と操業停止点|ミクロ経済学(3)
  7. 絶対優位でなく比較優位がスゴイ|国際貿易|ミクロ経済学(22)
  8. 生産関数によるアプローチ|ミクロ経済学(7)
  9. 長期における費用関数|ミクロ経済学(5)
  10. 人々はなぜ貿易をするのか|自由貿易による余剰|ミクロ経済学(24)
閉じる
閉じる
  1. 知的財産権における過失の推定規定
  2. 契約不適合
  3. 改正民法における債務不履行の大きな改正点のひとつ
  4. 会計監査限定監査役が採用可なのは?
  5. 監査役の任期
  6. 売主追加請求権について
  7. リスクプレミアム
  8. リスクフリーレートとは
  9. キャピタルゲインとインカムゲイン
  10. リースの分類
閉じる

重要論点がわかる!中小企業診断士ブログ

タグ:消費者余剰

社会的総余剰は必ず減る前節では、社会的総余剰が完全競争市場で最大になることを説明した。この節では、政府による介入により市場がどう変化するのかを確認する。社会的総余剰は、政府による介入が加わることによって政府が得られる便益、要するに…

余剰とは余剰とは、消費者や生産者の厚生を測る指標となる。厚生とは、人々の生活や健康を豊にすることである。つまり、消費者、及び生産者を豊にした指標となり、それぞれの利益と考えればよい。余剰分析需要曲…

最新記事

  1. 知的財産権における過失の推定規定とは、調べれば簡単わかることなんだから、知らなかったよと言ってもダメ…
  2. 改正前の民法では瑕疵担保責任が規定されていた。 この「瑕疵」という概念が変わり、「契約不適合」となっ…
  3. 債務不履行よる契約解除は、債務者の帰責事由を不要としたため、債務者に故意、過失がなくても、債権者は契…
  4. 以下の両方を満たす会社。①大会社でない非公開会社 ②監査役会を設置していない会社会計監査限定…
  5. 公開会社なら4年で短縮不可。非公開会社も原則4年だが、定款により10年まで伸ばすことができる。…

Facebook

ページ上部へ戻る