menu
閉じる
  1. 余剰分析を考えてみる|ミクロ経済学(19)
  2. パレート効率的な状態の事例|ミクロ経済学(21)
  3. 経済学の初心者が教える経済学|ミクロ経済学(1)
  4. ヘクシャー・オリーンモデルとは?|ミクロ経済学(23)
  5. 長期における費用関数|ミクロ経済学(5)
  6. 死荷重の解説/余剰分析|ミクロ経済学(20)
  7. 市場の均衡点とは?|ミクロ経済学(16)
  8. 需要の価格弾力性とは?|ミクロ経済学(13)
  9. 生産関数によるアプローチ|ミクロ経済学(7)
  10. 人々はなぜ貿易をするのか|自由貿易による余剰|ミクロ経済学(24)
閉じる
閉じる
  1. 知的財産権における過失の推定規定
  2. 契約不適合
  3. 改正民法における債務不履行の大きな改正点のひとつ
  4. 会計監査限定監査役が採用可なのは?
  5. 監査役の任期
  6. 売主追加請求権について
  7. リスクプレミアム
  8. リスクフリーレートとは
  9. キャピタルゲインとインカムゲイン
  10. リースの分類
閉じる

重要論点がわかる!中小企業診断士ブログ

タグ:予算制約線

特徴は「安さ」と「動画」!レボの中小企業診断士講座価格を変数にする今まで効用をベースに経済的な個人はどのように振る舞うのか?を確認してきた。グラフでは、縦軸がy財の消費量、横軸がx財の消費量であった。…

予算集合予算制約線については、前回説明したとおり、右下がりの直線になる。グラフでは、y切片、x切片、原点を頂点とした、三角形ができる。その、三角形の中は予算の中で取りうる財の組み合わせの集合になる。効用最大化…

予算制約線私のお小遣いは40000円である。カキフライ定食は1000円、牛丼なら500円だ。40000円を全てカキフライ定食か牛丼で使うとする。カキフライの数をx、牛丼の数をyとしたとき、以下の制約が生ずる。…

最新記事

  1. 知的財産権における過失の推定規定とは、調べれば簡単わかることなんだから、知らなかったよと言ってもダメ…
  2. 改正前の民法では瑕疵担保責任が規定されていた。 この「瑕疵」という概念が変わり、「契約不適合」となっ…
  3. 債務不履行よる契約解除は、債務者の帰責事由を不要としたため、債務者に故意、過失がなくても、債権者は契…
  4. 以下の両方を満たす会社。①大会社でない非公開会社 ②監査役会を設置していない会社会計監査限定…
  5. 公開会社なら4年で短縮不可。非公開会社も原則4年だが、定款により10年まで伸ばすことができる。…

Facebook

ページ上部へ戻る