menu
閉じる
  1. 長期における費用関数|ミクロ経済学(5)
  2. 余剰分析を考えてみる|ミクロ経済学(19)
  3. ヘクシャー・オリーンモデルとは?|ミクロ経済学(23)
  4. 市場の均衡点とは?|ミクロ経済学(16)
  5. 絶対優位でなく比較優位がスゴイ|国際貿易|ミクロ経済学(22)
  6. 死荷重の解説/余剰分析|ミクロ経済学(20)
  7. 需要の価格弾力性とは?|ミクロ経済学(13)
  8. 損益分岐点と操業停止点|ミクロ経済学(3)
  9. パレート効率的な状態の事例|ミクロ経済学(21)
  10. 予算制約線とは?|ミクロ経済学(9)
閉じる
閉じる
  1. プロダクトライフサイクル
  2. 略式組織再編とは
  3. 簡易組織再編とは
  4. 情報の不完全性|ミクロ経済学(29)
  5. 寡占市場とは?|ミクロ経済学(28)
  6. 独占市場とは要するにどういうこと?|ミクロ経済学(27)
  7. 不完全競争市場とは?|ミクロ経済学(26)
  8. 貿易に関税をかけると余剰はどうなる?|ミクロ経済学(25)
  9. 人々はなぜ貿易をするのか|自由貿易による余剰|ミクロ経済学(24)
  10. ヘクシャー・オリーンモデルとは?|ミクロ経済学(23)
閉じる

重要論点がわかる!中小企業診断士ブログ

需要の所得弾力性とは?|ミクロ経済学(12)

財の分類

世の中の財には、考えて見れば、いろいろな財がある。

高所得出ないと買えないブランド品や高級車、また、生活に必要なお米やパン、電気、水道なども財のひとつだが、ブランド品と財としての特性が違うのは明らかだろう。

前者は、無くても生きては行けそうだ。

そうした、財の特性の違いを経済学ではどう捉えているのだろうか?

経済学では、所得弾力性により、下級財、中級財、上級財の3つに分類している。

また、上級財は正常財、下級財は劣等財と呼ばれることもある。

さらに、上級(正常)財は、奢侈品と必需品に分けられる。

奢侈とは、しゃしと読み、ぜいたくという意味だ。経済学では、贅沢品とは言わず、奢侈品と呼ぶ。

需要の所得弾力性

ミクロ経済学()で供給の価格弾力性について解説した。

実は

○○の□□弾力性

とは

□□が1%上昇したときに○○が何%上昇するかを表現したものと覚えれば分かりやすい。

だから、需要の所得弾力性とは、

所得が1%上昇したときに、需要が何%上昇するか

である。

ちなみに式も一般化できる。

○○の□□弾力性 = ○○の変化率/□□の変化率 = (○○の増分/○○) / (□□の増分/□□)

つまり、これだ。。

= (○○の増分/□□の増分) × (□□/○○)

だから、需要の所得弾力性は、

(需要増分/所得増分) × (所得/需要)

になる。

チップスだか、

供給の価格弾力性
需要の所得弾力性
需要の価格弾力性

これら全てこの一般式でできる。

財の分類定義

この値を需要の所得弾力性と呼び、エータ(nの右側がgみたいなやつ)で表現すると、以下の定義だ。

エータη<0⇒下級財
エータη=0⇒中級財
エータη>0⇒上級財

さらに、上級財の中でも

エータη<1⇒必需品
エータη≧1⇒奢侈品

となる。

つまり、所得が上がった時に需要が減るならそいつは下級財(劣等財)だ。

所得上がっても、需要が上がりも下がりもしないのが中級財。
劣等財でも正常財でもない変な財だ。

そして、所得が上がった時に需要が増えるのは上級財(正常財)。

2つに分類され、

所得の上昇率より低いのが、必需品。

所得の上昇率より需要の上昇率が高いのが、奢侈品。

となる。

先ほど、奢侈品を贅沢品だ。と言ってしまったが、経済学では、レジャーや教養などが奢侈品にあたる。

所得消費曲線

ちなみに、縦軸にy財、横軸にx財をとり、価格を固定して、所得のみを増加したときの最適消費点を繋いだ曲線を所得消費曲線という。

一応、知っておいた方が良さそうだ。

photo credit: punxie89 via photopin cc

編集後記

中小企業診断士の試験勉強のために、書いてるのでそれなりに大事なキーワードはおさえています。

お断り

当ブログは、「先生が生徒に説明をする体(てい)」で書いていますので、ご理解の上お読み下さい。
もし、間違った表現などがあれば、こちらへご連絡ください。

▼▼▼続きを読みたい人は、ぜひシェア!▼▼▼

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

  1. 貿易に関税をかけると余剰はどうなる?|ミクロ経済学(25)

  2. 長期における費用関数|ミクロ経済学(5)

  3. 供給関数と価格弾力性とは|ミクロ経済学(4)

  4. 効用最大化する条件とは?|ミクロ経済学(10)

  5. 従量税と従価税の課税効果の違いとは?|ミクロ経済学(6)

  6. 限界費用の計算方法|ミクロ経済学(2)-2

おすすめ記事

  1. 貿易に関税をかけると余剰はどうなる?|ミクロ経済学(25)
  2. 人々はなぜ貿易をするのか|自由貿易による余剰|ミクロ経済学(24)
  3. ヘクシャー・オリーンモデルとは?|ミクロ経済学(23)
  4. 絶対優位でなく比較優位がスゴイ|国際貿易|ミクロ経済学(22)
  5. パレート効率的な状態の事例|ミクロ経済学(21)

最新記事

  1. 企業が提供する商品あるいはサービスは、生まれてから成長し、遅かれ早かれ衰退します。それを4つ…
  2. 略式組織再編とは、支配関係のある会社間での組織再編について、十分な支配下にある株式会社での株主総会決…
  3. 簡易組織再編とは、簡単に言うと、組織再編を通して、対価を受ける側の企業が、その対価が十分に少ないとき…
  4. はじめに ここまでは、完全競争市場という社会的余剰が最大化された市場…
  5. 寡占市場独占市場はプライスを決定する一企業が存在する市場である。寡占市場は、かせんし…

おすすめ記事

  1. プロダクトライフサイクル
  2. 略式組織再編とは
  3. 簡易組織再編とは

Facebook

【注意】記事へのコメント欄について

コメント欄はスパムが多いため大変申し訳ございませんが中止とさせて頂きました。修正加筆など含めこちらからご連絡いただければ、内容によりますが記事に反映することも可能です。
ページ上部へ戻る