menu
閉じる
  1. 経済学の初心者が教える経済学|ミクロ経済学(1)
  2. 貿易に関税をかけると余剰はどうなる?|ミクロ経済学(25)
  3. 予算制約線とは?|ミクロ経済学(9)
  4. パレート効率的な状態の事例|ミクロ経済学(21)
  5. 死荷重の解説/余剰分析|ミクロ経済学(20)
  6. 余剰分析を考えてみる|ミクロ経済学(19)
  7. 人々はなぜ貿易をするのか|自由貿易による余剰|ミクロ経済学(24)
  8. 絶対優位でなく比較優位がスゴイ|国際貿易|ミクロ経済学(22)
  9. 損益分岐点と操業停止点|ミクロ経済学(3)
  10. 市場の均衡点とは?|ミクロ経済学(16)
閉じる
閉じる
  1. 略式組織再編とは
  2. 簡易組織再編とは
  3. 情報の不完全性|ミクロ経済学(29)
  4. 寡占市場とは?|ミクロ経済学(28)
  5. 独占市場とは要するにどういうこと?|ミクロ経済学(27)
  6. 不完全競争市場とは?|ミクロ経済学(26)
  7. 貿易に関税をかけると余剰はどうなる?|ミクロ経済学(25)
  8. 人々はなぜ貿易をするのか|自由貿易による余剰|ミクロ経済学(24)
  9. ヘクシャー・オリーンモデルとは?|ミクロ経済学(23)
  10. 絶対優位でなく比較優位がスゴイ|国際貿易|ミクロ経済学(22)
閉じる

重要論点がわかる!中小企業診断士ブログ

供給関数と価格弾力性とは|ミクロ経済学(4)

価格から考える

だんたん、経済学らしくなってきた。

第一回で、供給とは、売る人の気持ちと表現したが、厳密にはちょっと違う。

ラーメンの価格がきまったとして、そのときにラーメン屋が作る数量を供給数という。

それを曲線に表したのが、そのラーメン屋の供給曲線になる。

今までの考え方と大きく変わることがある。

それはある価格に対してどれだけつくるか?

ということである。

今までは数量が増えて行くとどうなるかを考えてきた。

しかし、今度は価格が上がったり下がったりしたら数量はどうなるか?

という違いだ。

重要だから、何度もいうかもしれない。

期待を裏切るようだが、これからは、ごまんとあるラーメン屋が全体的にどう供給していくか、を考える。

君の店ひとつがどうしたら儲かるか、ではない。

ラーメン業界全体的に分かればもしかしたら、世の中の大きな問題を解決出来るかもしれない。

結果、君にも、想像も出来ないくらい、いいことがあるはずだ。

どうだ、大きな夢だろう。

供給関数

供給関数とは、価格が上がったり下がったりしたときに、ラーメンはどの程度供給されるのか?

を示した式だ。

今、既にラーメン屋をやっている人とこれからラーメン屋をやろうと思う人がいるたろう。

既にラーメン屋をやっている人は、価格が操業停止点より高いとき、つまり、一杯当たりの売上が一杯新たに作ったときの費用の追加分より大きいとき、追加のラーメンを作る。

それがマイナスなら作らない。

P(価格)=AVC(平均可変費用)=MC(限界費用)

が操業停止点だ。

一方、まだラーメン屋を始めてない人は、固定費用も含めた平均費用が価格を下回っていないと開業しない。

そうした、個別のラーメン屋の供給数の総和が、ラーメン業界の供給曲線となる。

一般的には、価格が上がるにつれて、数量が増えていく曲線だ。

経済学の場合、価格が縦軸となり、横軸に数量をとるから、供給曲線は一般的には右上がりの曲線となる。

ただし、曲線と言っても直線も含み、グラフで表現すると直線のケースがおおい。

価格弾力性

変化率という言葉がある。

例えば、価格が500円から600円に変化した場合は、

600-500/500=0.2

ΔP=価格変化差分
P=変化する前の価格

ΔP/P=価格変化率

つまり、20%の変化率だ。

さらに、価格の弾力性というのがある。

価格が1%上昇したときに供給量が何%上昇するか。

という指標で、供給曲線の傾きが緩やかであるほど、価格弾力性は高い。

なぜなら、僅かな価格の変動で供給数が大きく変化するからだ。

式は

ΔS=供給量変化差分
S=変化する前の供給数

ΔS/S=供給変化率

価格弾力性は、

供給変化率/価格変化率=価格弾力性

(ΔS/S)/(ΔP/P)= ΔS/ΔP × P/S = 価格弾力性

ということだ。

photo credit: Katy.Tresedder via photopin cc

編集後記

グラフ無しでの説明に限界あるかもしれません。。。

お断り

当ブログは、「先生が生徒に説明をする体(てい)」で書いていますので、ご理解の上、参考にしてください。
もし、間違った表現などがあれば、こちらへご連絡ください。

▼▼▼続きを読みたい人は、ぜひシェア!▼▼▼

関連記事

  1. 予算制約線とは?|ミクロ経済学(9)

  2. 長期における費用関数|ミクロ経済学(5)

  3. 代替財と補完財とは?|ミクロ経済学(14)

  4. 絶対優位でなく比較優位がスゴイ|国際貿易|ミクロ経済学(22)

  5. 需要の価格弾力性とは?|ミクロ経済学(13)

  6. 確実な50万と多分100万あなたはどっち?期待効用仮説|ミクロ経…

おすすめ記事

  1. 貿易に関税をかけると余剰はどうなる?|ミクロ経済学(25)
  2. 人々はなぜ貿易をするのか|自由貿易による余剰|ミクロ経済学(24)
  3. ヘクシャー・オリーンモデルとは?|ミクロ経済学(23)
  4. 絶対優位でなく比較優位がスゴイ|国際貿易|ミクロ経済学(22)
  5. パレート効率的な状態の事例|ミクロ経済学(21)

最新記事

  1. 略式組織再編とは、支配関係のある会社間での組織再編について、十分な支配下にある株式会社での株主総会決…
  2. 簡易組織再編とは、簡単に言うと、組織再編を通して、対価を受ける側の企業が、その対価が十分に少ないとき…
  3. はじめに ここまでは、完全競争市場という社会的余剰が最大化された市場…
  4. 寡占市場独占市場はプライスを決定する一企業が存在する市場である。寡占市場は、かせんし…
  5. 独占市場ここでは、不完全競争市場の最初のモデルとして、独占市場について、大事なポイントだ…

カテゴリー

おすすめ記事

  1. 略式組織再編とは
  2. 簡易組織再編とは
  3. 情報の不完全性|ミクロ経済学(29)

Facebook

【注意】記事へのコメント欄について

コメント欄はスパムが多いため大変申し訳ございませんが中止とさせて頂きました。修正加筆など含めこちらからご連絡いただければ、内容によりますが記事に反映することも可能です。
ページ上部へ戻る