menu
閉じる
  1. ワルラス的不安定なのにマーシャル的安定?|ミクロ経済学(18)
  2. 損益分岐点と操業停止点|ミクロ経済学(3)
  3. 生産関数によるアプローチ|ミクロ経済学(7)
  4. 市場の均衡点とは?|ミクロ経済学(16)
  5. 予算制約線とは?|ミクロ経済学(9)
  6. 死荷重の解説/余剰分析|ミクロ経済学(20)
  7. 貿易に関税をかけると余剰はどうなる?|ミクロ経済学(25)
  8. 人々はなぜ貿易をするのか|自由貿易による余剰|ミクロ経済学(24)
  9. 余剰分析を考えてみる|ミクロ経済学(19)
  10. ヘクシャー・オリーンモデルとは?|ミクロ経済学(23)
閉じる
閉じる
  1. プロダクトライフサイクル
  2. 略式組織再編とは
  3. 簡易組織再編とは
  4. 情報の不完全性|ミクロ経済学(29)
  5. 寡占市場とは?|ミクロ経済学(28)
  6. 独占市場とは要するにどういうこと?|ミクロ経済学(27)
  7. 不完全競争市場とは?|ミクロ経済学(26)
  8. 貿易に関税をかけると余剰はどうなる?|ミクロ経済学(25)
  9. 人々はなぜ貿易をするのか|自由貿易による余剰|ミクロ経済学(24)
  10. ヘクシャー・オリーンモデルとは?|ミクロ経済学(23)
閉じる

重要論点がわかる!中小企業診断士ブログ

長期における費用関数|ミクロ経済学(5)

短期的な固定費用

長期における費用の特性について考えてみよう。

まずその前に短期的な固定費用について考えてみる。

ラーメン屋を始めるときに、店舗の場所を決めて、設備等を準備する。

どの程度の広さの店、どれくらいの設備かは、それぞれ自由だが、一日100杯売ろうと思っているのに、100人、入る店舗の広さは必要ない。

設備も同様だ。

つまり、売りたい数量に応じた、店の広さと設備になるはずた。

だから、短期的には、短期的に売ろうと考えている数量に応じた固定費用がかかる。

長期的な固定費用

長期で考えるとどうだろうか。

一日100杯は安定的に売れるようになってきた。

次は500杯を目指そう。

そうしたら、何をしなければいけないだろうか。

まず、店の広さは大丈夫か。

そうしたら、設備は今のままで、500杯作れるか。

作れなさそうなら、設備投資だ。

500杯作れるだけの設備投資。

人はどうだ。

今の人数で5倍つくれるか?

作れなさそうなら、人を追加で雇う。

そうして、一日500杯、作れるようになるために必要な。固定費用が掛かる。

同じく1000杯になっても1000杯なりの固定費用が掛かるのは同じだ。

このように、固定費用と言っているが、長期的には、数量に応じて変化する可変費用と似たような特性があるのがわかる。

だから、長期的には、固定費用ではなく可変費用と考える。

費用関数としては、原点を通る傾きになり、供給関数としても原点を通る。

photo credit: marsmet463 via photopin cc

編集後記

ここでは、費用関数は必ず固定費用が掛かるが、長期的には、固定費用も可変費用として捉えることが分かれば良いのではと思っています。

お断り

当ブログは、「先生が生徒に説明をする体(てい)」で書いていますので、ご理解の上、参考にしてください。
もし、間違った表現などがあれば、こちらへご連絡ください。

▼▼▼続きを読みたい人は、ぜひシェア!▼▼▼

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

  1. 需要の所得弾力性とは?|ミクロ経済学(12)

  2. ヘクシャー・オリーンモデルとは?|ミクロ経済学(23)

  3. 経済学の初心者が教える経済学|ミクロ経済学(1)

  4. 絶対優位でなく比較優位がスゴイ|国際貿易|ミクロ経済学(22)

  5. 予算制約線とは?|ミクロ経済学(9)

  6. 市場の均衡点とは?|ミクロ経済学(16)

おすすめ記事

  1. 貿易に関税をかけると余剰はどうなる?|ミクロ経済学(25)
  2. 人々はなぜ貿易をするのか|自由貿易による余剰|ミクロ経済学(24)
  3. ヘクシャー・オリーンモデルとは?|ミクロ経済学(23)
  4. 絶対優位でなく比較優位がスゴイ|国際貿易|ミクロ経済学(22)
  5. パレート効率的な状態の事例|ミクロ経済学(21)

最新記事

  1. 企業が提供する商品あるいはサービスは、生まれてから成長し、遅かれ早かれ衰退します。それを4つ…
  2. 略式組織再編とは、支配関係のある会社間での組織再編について、十分な支配下にある株式会社での株主総会決…
  3. 簡易組織再編とは、簡単に言うと、組織再編を通して、対価を受ける側の企業が、その対価が十分に少ないとき…
  4. はじめに ここまでは、完全競争市場という社会的余剰が最大化された市場…
  5. 寡占市場独占市場はプライスを決定する一企業が存在する市場である。寡占市場は、かせんし…

おすすめ記事

  1. プロダクトライフサイクル
  2. 略式組織再編とは
  3. 簡易組織再編とは

Facebook

【注意】記事へのコメント欄について

コメント欄はスパムが多いため大変申し訳ございませんが中止とさせて頂きました。修正加筆など含めこちらからご連絡いただければ、内容によりますが記事に反映することも可能です。
ページ上部へ戻る