menu
閉じる
  1. 生産関数によるアプローチ|ミクロ経済学(7)
  2. 長期における費用関数|ミクロ経済学(5)
  3. ヘクシャー・オリーンモデルとは?|ミクロ経済学(23)
  4. 貿易に関税をかけると余剰はどうなる?|ミクロ経済学(25)
  5. 損益分岐点と操業停止点|ミクロ経済学(3)
  6. 経済学の初心者が教える経済学|ミクロ経済学(1)
  7. 人々はなぜ貿易をするのか|自由貿易による余剰|ミクロ経済学(24)
  8. 市場の均衡点とは?|ミクロ経済学(16)
  9. 死荷重の解説/余剰分析|ミクロ経済学(20)
  10. 需要の価格弾力性とは?|ミクロ経済学(13)
閉じる
閉じる
  1. プロダクトライフサイクル
  2. 略式組織再編とは
  3. 簡易組織再編とは
  4. 情報の不完全性|ミクロ経済学(29)
  5. 寡占市場とは?|ミクロ経済学(28)
  6. 独占市場とは要するにどういうこと?|ミクロ経済学(27)
  7. 不完全競争市場とは?|ミクロ経済学(26)
  8. 貿易に関税をかけると余剰はどうなる?|ミクロ経済学(25)
  9. 人々はなぜ貿易をするのか|自由貿易による余剰|ミクロ経済学(24)
  10. ヘクシャー・オリーンモデルとは?|ミクロ経済学(23)
閉じる

重要論点がわかる!中小企業診断士ブログ

効用関数をしっかり理解|ミクロ経済学(8)

効用と選好

効用とは、満足度。

選好とは、好き嫌いのことを言う。

例えば、私はコーヒー一杯がビール一杯よりも好き(それを効用が高いという)だが、私の後輩はビール一杯の方が断然好きだ。

この場合、経済学的には、

私とその後輩は異なる選好を持つ

という。

一度、妻に

俺とお前は異なる選好を持っているようだ。

と言ったら張り倒されそうになったので、決して真似はしてはいけない。

また、推移性という言葉がある。

経済学の前提では、推移性を満たす。

例えば、

ラーメンよりカレーが好きで、カレーよりチャーハンが好きだが、チャーハンよりラーメンが好きということはあり得ないということだ。

効用関数

効用関数とは、ある財の組み合わせからどれくらいの満足度になるかを示した関数だ。

例えば次の効用関数を考えてみる。

u(x,y)=xy

ここでは、xをコーヒー、yをサンドイッチとしよう。

コーヒーが2杯で、サンドイッチ1個なら効用水準は2だ。

また、

コーヒーが2杯で、サンドイッチが2個なら効用水準は4になる。

ここで、

片方の財を一定に保ち、もう片方の財を一単位増加させたときの効用の増加分を限界効用と呼ぶ。

この例でいえば、

サンドイッチの限界効用は2ということになる。

無差別曲線

同じ効用水準の点をつないだ曲線を無差別曲線と呼ぶ。

無差別とは、効用の差が無いということだ。

これは、地図の等高線のように、効用水準が4の無差別曲線と効用が6の無差別曲線は決して交わらない。

また、どの財においても、消費量が多いほど効用がたかくなる。

これを単調性が成り立っているという。

限界代替率

効用水準を一定にするために、片方の財を一単位減らしたときに、もう片方の財が必要な増加量。

つまり、x財をy財で置き換えたときのy財の量と言える。

このときの式は

限界代替率=x財の限界効用/y財の限界効用

これは、無差別曲線の傾きで表される。

photo credit: Patrick Hoesly via photopin cc

編集後記

だんだん難しくなってきましたね。

次は予算制約について解説する予定です。

お断り

当ブログは、「先生が生徒に説明をする体(てい)」で書いていますので、ご理解の上、参考にしてください。
もし、間違った表現などがあれば、こちらへご連絡ください。

▼▼▼続きを読みたい人は、ぜひシェア!▼▼▼

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

  1. 市場の均衡点とは?|ミクロ経済学(16)

  2. 人々はなぜ貿易をするのか|自由貿易による余剰|ミクロ経済学(24…

  3. 代替財と補完財とは?|ミクロ経済学(14)

  4. 規模の経済と範囲の経済|ミクロ経済学(2)-1

  5. 需要の価格弾力性とは?|ミクロ経済学(13)

  6. 生産関数によるアプローチ|ミクロ経済学(7)

おすすめ記事

  1. 貿易に関税をかけると余剰はどうなる?|ミクロ経済学(25)
  2. 人々はなぜ貿易をするのか|自由貿易による余剰|ミクロ経済学(24)
  3. ヘクシャー・オリーンモデルとは?|ミクロ経済学(23)
  4. 絶対優位でなく比較優位がスゴイ|国際貿易|ミクロ経済学(22)
  5. パレート効率的な状態の事例|ミクロ経済学(21)

最新記事

  1. 企業が提供する商品あるいはサービスは、生まれてから成長し、遅かれ早かれ衰退します。それを4つ…
  2. 略式組織再編とは、支配関係のある会社間での組織再編について、十分な支配下にある株式会社での株主総会決…
  3. 簡易組織再編とは、簡単に言うと、組織再編を通して、対価を受ける側の企業が、その対価が十分に少ないとき…
  4. はじめに ここまでは、完全競争市場という社会的余剰が最大化された市場…
  5. 寡占市場独占市場はプライスを決定する一企業が存在する市場である。寡占市場は、かせんし…

おすすめ記事

  1. プロダクトライフサイクル
  2. 略式組織再編とは
  3. 簡易組織再編とは

Facebook

【注意】記事へのコメント欄について

コメント欄はスパムが多いため大変申し訳ございませんが中止とさせて頂きました。修正加筆など含めこちらからご連絡いただければ、内容によりますが記事に反映することも可能です。
ページ上部へ戻る