menu
閉じる
  1. 長期における費用関数|ミクロ経済学(5)
  2. 予算制約線とは?|ミクロ経済学(9)
  3. 貿易に関税をかけると余剰はどうなる?|ミクロ経済学(25)
  4. 死荷重の解説/余剰分析|ミクロ経済学(20)
  5. 余剰分析を考えてみる|ミクロ経済学(19)
  6. パレート効率的な状態の事例|ミクロ経済学(21)
  7. 経済学の初心者が教える経済学|ミクロ経済学(1)
  8. 需要の価格弾力性とは?|ミクロ経済学(13)
  9. 人々はなぜ貿易をするのか|自由貿易による余剰|ミクロ経済学(24)
  10. ワルラス的不安定なのにマーシャル的安定?|ミクロ経済学(18)
閉じる
閉じる
  1. プロダクトライフサイクル
  2. 略式組織再編とは
  3. 簡易組織再編とは
  4. 情報の不完全性|ミクロ経済学(29)
  5. 寡占市場とは?|ミクロ経済学(28)
  6. 独占市場とは要するにどういうこと?|ミクロ経済学(27)
  7. 不完全競争市場とは?|ミクロ経済学(26)
  8. 貿易に関税をかけると余剰はどうなる?|ミクロ経済学(25)
  9. 人々はなぜ貿易をするのか|自由貿易による余剰|ミクロ経済学(24)
  10. ヘクシャー・オリーンモデルとは?|ミクロ経済学(23)
閉じる

重要論点がわかる!中小企業診断士ブログ

市場の均衡点とは?|ミクロ経済学(16)

市場

ここまでは、個々の企業や個人についての特性を中心にモデルを考えてきたが、それらのモデルを元に、市場ではどのように取引量が決定されていくのかについて考えていく。

まず、ここではモデルをシンプルにするため完全競争市場を前提に話をすすめる。

完全競争市場とは、個々の企業が価格影響力を持たず、価格は市場により決定される市場のことを言う。

市場均衡

完全競争市場では、需要量と供給量は均衡すると考えられる。

一般的に縦軸を価格、横軸を数量として図示する。

通例では、左下から右上へ伸びる曲線(直線で書かれることが多い)が供給曲線S、左上から右下に伸びる曲線は需要曲線Dである。

それらの曲線は、価格がいくらだと(需要や供給の)数量はこうなる。というように見る。

数学では、横軸が変数で縦軸がその時の解(結果)だったが、その逆の見方をする。

需要曲線と供給曲線が交わった点を均衡点と呼び、均衡点より価格が低いと需要超過、高いと供給超過の状態になる。

均衡するまでの調整過程は、あらためて説明する。

需要曲線と供給曲線はいくつかのきっかけでシフトし、均衡点も変動する。

需要曲線のシフト

需要曲線がシフトする代表的な要因は、所得と他財の価格の変動である。
当該財の価格変動はシフトの要因にはならないので注意したい。

所得の変動

所得が上昇(低下)すると、

消費量を増加(減少)させる。つまり、需要量があがる(下がる)ので、需要曲線は右(左)にシフトする。

結果として、

均衡価格は上がる(下がる)。

他財の価格変動

他財が当該財にとって代替財となる場合は、

他財価格の上昇(低下)により他財の消費量が減り、相対的に当該財の消費量を増加(減少)させる。

つまり、需要は増える(減る)ので、需要曲線は右(左)にシフトする。

結果として、
均衡価格は、上がる(下がる)。

また、他財が当該財の補完財となる場合は、

他財価格の上昇(低下)により他財の消費量が減り、それに伴って当該財の消費量も減少(増加)する。

つまり、需要は減る(増える)ので、需要曲線は左(右)にシフトする。

結果として、

均衡価格は、下がる(上がる)。

供給曲線のシフト

供給曲線がシフトする代表的な要因は、技術の進歩と生産要素価格の変動である。

技術の進歩

技術が進歩すると生産性が上がり、供給量が増加する。

つまり、供給曲線が右にシフトし、均衡価格が下がる。

産要素価格の変動

生産するための要素価格が上がる(下がる)と、生産量か減る(増える)ため、供給量が増加(低下)し、供給曲線は右(左)にシフトする。

つまり、結果として、

均衡価格は下がる(上がる)。

編集後記

ここでは、需要曲線と供給曲線がどの様な要因でシフトするのか、を把握すればいいかなと思います。

個々の要因と結果については、例えば、技術進歩→均衡価格低下のように、丸暗記で覚えてしまうのも手かも知れませんが、プロセスをイメージしておくと理解がふかまります。

▼▼▼続きを読みたい人は、ぜひシェア!▼▼▼

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

  1. 効用最大化する条件とは?|ミクロ経済学(10)

  2. 長期における費用関数|ミクロ経済学(5)

  3. 予算制約線とは?|ミクロ経済学(9)

  4. 損益分岐点と操業停止点|ミクロ経済学(3)

  5. ヘクシャー・オリーンモデルとは?|ミクロ経済学(23)

  6. 不完全競争市場とは?|ミクロ経済学(26)

おすすめ記事

  1. 貿易に関税をかけると余剰はどうなる?|ミクロ経済学(25)
  2. 人々はなぜ貿易をするのか|自由貿易による余剰|ミクロ経済学(24)
  3. ヘクシャー・オリーンモデルとは?|ミクロ経済学(23)
  4. 絶対優位でなく比較優位がスゴイ|国際貿易|ミクロ経済学(22)
  5. パレート効率的な状態の事例|ミクロ経済学(21)

最新記事

  1. 企業が提供する商品あるいはサービスは、生まれてから成長し、遅かれ早かれ衰退します。それを4つ…
  2. 略式組織再編とは、支配関係のある会社間での組織再編について、十分な支配下にある株式会社での株主総会決…
  3. 簡易組織再編とは、簡単に言うと、組織再編を通して、対価を受ける側の企業が、その対価が十分に少ないとき…
  4. はじめに ここまでは、完全競争市場という社会的余剰が最大化された市場…
  5. 寡占市場独占市場はプライスを決定する一企業が存在する市場である。寡占市場は、かせんし…

おすすめ記事

  1. プロダクトライフサイクル
  2. 略式組織再編とは
  3. 簡易組織再編とは

Facebook

【注意】記事へのコメント欄について

コメント欄はスパムが多いため大変申し訳ございませんが中止とさせて頂きました。修正加筆など含めこちらからご連絡いただければ、内容によりますが記事に反映することも可能です。
ページ上部へ戻る