menu
閉じる
  1. ヘクシャー・オリーンモデルとは?|ミクロ経済学(23)
  2. パレート効率的な状態の事例|ミクロ経済学(21)
  3. 損益分岐点と操業停止点|ミクロ経済学(3)
  4. 長期における費用関数|ミクロ経済学(5)
  5. ワルラス的不安定なのにマーシャル的安定?|ミクロ経済学(18)
  6. 死荷重の解説/余剰分析|ミクロ経済学(20)
  7. 人々はなぜ貿易をするのか|自由貿易による余剰|ミクロ経済学(24)
  8. 絶対優位でなく比較優位がスゴイ|国際貿易|ミクロ経済学(22)
  9. 貿易に関税をかけると余剰はどうなる?|ミクロ経済学(25)
  10. 生産関数によるアプローチ|ミクロ経済学(7)
閉じる
閉じる
  1. 略式組織再編とは
  2. 簡易組織再編とは
  3. 情報の不完全性|ミクロ経済学(29)
  4. 寡占市場とは?|ミクロ経済学(28)
  5. 独占市場とは要するにどういうこと?|ミクロ経済学(27)
  6. 不完全競争市場とは?|ミクロ経済学(26)
  7. 貿易に関税をかけると余剰はどうなる?|ミクロ経済学(25)
  8. 人々はなぜ貿易をするのか|自由貿易による余剰|ミクロ経済学(24)
  9. ヘクシャー・オリーンモデルとは?|ミクロ経済学(23)
  10. 絶対優位でなく比較優位がスゴイ|国際貿易|ミクロ経済学(22)
閉じる

重要論点がわかる!中小企業診断士ブログ

人々はなぜ貿易をするのか|自由貿易による余剰|ミクロ経済学(24)

自給自足市場

貿易をまったくしていない国の国内では、需要曲線と供給曲線の交点が均衡点となる。

こうした貿易をしない国内での市場を自給自足市場と呼ぶ。

これまでの市場は、貿易をしていないことを前提として考えて来たので、全て自給自足市場である。

小国の仮定

貿易を考えて行く上では、国際価格という要素が必要になる。

つまり、国内で取引される価格だけでなく、国外で取引される価格を意識する必要がある。

今まで学んで来た完全競争市場では、国内の市場価格について、各企業が市場価格に影響することはなかった。

それは、市場の大きさに比べたら、1企業の供給は充分に小さいものとして捉えられるからであった。

同様に、国際市場の価格に対して、一つの国が影響を及ぼさない。という仮定で考える。

つまり、世界市場では、一つの国による供給量は充分に小さいこととして考えられるためである。

これを小国の仮定という。

貿易は余剰が増える

人々はなぜ貿易をするのだろうか?

それは、言うまでもなく貿易にメリット(得なこと)があるからだ。

自国で手に入らないものを貿易で手に入れたり、国外の安いものを手に入れる場合などを考えれば、貿易のメリットが容易に想像つくだろう。

しかし、貿易のメリットはそれだけではない。

社会全体としてもメリットがあるからだ。

そのあたりを余剰で説明できる。

国際価格が低く輸入する場合の余剰

自国が自給自足の場合の均衡価格より、国際価格が低い場合、自国は輸入するインセンティブが働く。

その図を図1に示す。
20140430_194750.jpg

均衡点より下に国際価格の線を引く。

国内価格が国際価格まで下がると、供給曲線と交わった交点の数量までしか、国内では供給しなくなる。

しかし、価格が国際価格まで下がると、需要量は需要曲線と交わった数量まで伸びる。

需要量のうち、国内で供給されない分は輸入して賄われるために、価格が下がったときの需要量から供給量を引いた分は輸入量となる。

このときの余剰はどうなるだろうか。

価格が下がったときの消費者余剰は赤の面積となり、自給自足のときの余剰より増加する。

一方、生産者余剰は青の面積となり、自給自足のときの供給量より減少するため、余剰は減ることになる。

つまり、国際価格に比べ国内価格が高い場合、貿易をすることによって、消費者は嬉しく、生産者は不満になるのである。

このとき、社会的総余剰では、二つの面積を足した面積になるため、明らかに自給自足のときの社会的総余剰より増える。

要は、国内全体で考えると、得なのだ。

これが輸入時の社会的な貿易のメリットである。

国際価格が高く輸出する場合の余剰

自国が自給自足の場合の均衡価格より、国際価格が高い場合はどうなるだろうか?

自国での価格より国際価格が高いので自国は輸出しようとする。

その図を図2に示す。
20140430_194737.jpg

均衡点より上に国際価格の線を引く。

国内の生産者は国際価格での需要があるので、供給を増やし、国際価格の線と供給曲線の交点の数量まで生産を行う。

しかし、国内での価格も上昇するため、国内での需要量は需要曲線と国際価格の線が交わった数量まで減少する。

供給量のうち、国内での需要がない分は国外での需要であるために、価格が上がったときの供給量から国内での需要量を引いた分が輸出量となる。

このときの余剰はどうなるだろうか。

価格が上がったときの消費者余剰は赤の面積となり、自給自足のときの余剰より減少する。

一方、生産者余剰は青の面積となり、自給自足のときの供給量より増加するため、余剰は増えることになる。

つまり、国際価格に比べ国内価格が低い場合、貿易をすることによって、消費者は不満になり、生産者は嬉しくなる。

この場合も、社会的総余剰は赤の面積+青の面積になるため、緑の面積分だけ余剰は増加する。

要するに輸出の時も国内全体的には余剰は増えるのである。

従って、輸入でも輸出でも、国内の余剰は増える。

この事は貿易する相手国の国内についても同様に説明することができるはずだ。

輸入でも輸出でも貿易する両国にメリットがある訳です。

それではなんで自由な貿易に反対するひとがいるのか?なんて考えると経済学が大変興味深くなる。

編集後記

少々期間があいてしまいました。

本当は貿易に関税をかけたケースについても、今回書こうと思ってましたが、少し長くなるので、次の回に持ち越します。

▼▼▼続きを読みたい人は▼▼▼

関連記事

  1. 死荷重の解説/余剰分析|ミクロ経済学(20)

  2. 生産関数によるアプローチ|ミクロ経済学(7)

  3. 独占市場とは要するにどういうこと?|ミクロ経済学(27)

  4. 経済学の初心者が教える経済学|ミクロ経済学(1)

  5. 需要の価格弾力性とは?|ミクロ経済学(13)

  6. 効用最大化する条件とは?|ミクロ経済学(10)

おすすめ記事

  1. 貿易に関税をかけると余剰はどうなる?|ミクロ経済学(25)
  2. 人々はなぜ貿易をするのか|自由貿易による余剰|ミクロ経済学(24)
  3. ヘクシャー・オリーンモデルとは?|ミクロ経済学(23)
  4. 絶対優位でなく比較優位がスゴイ|国際貿易|ミクロ経済学(22)
  5. パレート効率的な状態の事例|ミクロ経済学(21)

最新記事

  1. 略式組織再編とは、支配関係のある会社間での組織再編について、十分な支配下にある株式会社での株主総会決…
  2. 簡易組織再編とは、簡単に言うと、組織再編を通して、対価を受ける側の企業が、その対価が十分に少ないとき…
  3. はじめに ここまでは、完全競争市場という社会的余剰が最大化された市場…
  4. 寡占市場独占市場はプライスを決定する一企業が存在する市場である。寡占市場は、かせんし…
  5. 独占市場ここでは、不完全競争市場の最初のモデルとして、独占市場について、大事なポイントだ…

カテゴリー

おすすめ記事

  1. 略式組織再編とは
  2. 簡易組織再編とは
  3. 情報の不完全性|ミクロ経済学(29)

Facebook

【注意】記事へのコメント欄について

コメント欄はスパムが多いため大変申し訳ございませんが中止とさせて頂きました。修正加筆など含めこちらからご連絡いただければ、内容によりますが記事に反映することも可能です。
ページ上部へ戻る