menu
閉じる
  1. 予算制約線とは?|ミクロ経済学(9)
  2. 損益分岐点と操業停止点|ミクロ経済学(3)
  3. 絶対優位でなく比較優位がスゴイ|国際貿易|ミクロ経済学(22)
  4. 長期における費用関数|ミクロ経済学(5)
  5. パレート効率的な状態の事例|ミクロ経済学(21)
  6. 経済学の初心者が教える経済学|ミクロ経済学(1)
  7. 人々はなぜ貿易をするのか|自由貿易による余剰|ミクロ経済学(24)
  8. 余剰分析を考えてみる|ミクロ経済学(19)
  9. 貿易に関税をかけると余剰はどうなる?|ミクロ経済学(25)
  10. 需要の価格弾力性とは?|ミクロ経済学(13)
閉じる
閉じる
  1. 略式組織再編とは
  2. 簡易組織再編とは
  3. 情報の不完全性|ミクロ経済学(29)
  4. 寡占市場とは?|ミクロ経済学(28)
  5. 独占市場とは要するにどういうこと?|ミクロ経済学(27)
  6. 不完全競争市場とは?|ミクロ経済学(26)
  7. 貿易に関税をかけると余剰はどうなる?|ミクロ経済学(25)
  8. 人々はなぜ貿易をするのか|自由貿易による余剰|ミクロ経済学(24)
  9. ヘクシャー・オリーンモデルとは?|ミクロ経済学(23)
  10. 絶対優位でなく比較優位がスゴイ|国際貿易|ミクロ経済学(22)
閉じる

重要論点がわかる!中小企業診断士ブログ

規模の経済と範囲の経済|ミクロ経済学(2)-1

利潤最大化の説明をしたところで、もう少し言葉の捕捉をしたい。

規模の経済

規模の経済について聞いたことがある人もいるだろう。

簡単な例で、この言葉を使った例を上げるとすると、

「大企業は規模の経済が働いて価格を安くできる。」

といった具合だ。

その認識はまちがってないが、経済学での定義は少々ニュアンスが違う。

経済学での定義はこうだ。

「生産量とともに平均費用が下がる時、規模の経済が働いている」

逆に

「生産量とともに平均費用が上がる時、規模の不経済が働いている」

という。

それでは、平均費用とは何だろうか。

これは、よく考えれば小学生でもわかる。

平均なんだから、総費用を個数で割ればいい。
つまり、生産量でわるんだ。

総費用=固定費+可変費用

平均費用 =(固定費+可変費用)/ 生産量

となる。

前回でてきた、総費用が逆S字になる想定を思い出してほしい。

その想定を前提にすると、横軸に生産量を取った時、平均費用曲線は、下に凸のU字型になる。
02_2
02_3

この図で行けば平均費用曲線が右下がりの生産量(左半分)では、規模の経済が働いているが、右上がりの生産量(右半分)では規模の不経済が働いていることになる。

逓増と逓減

「逓増」この字を読めるかい?

おそらく、あなたは IME手書きパッド を使ったことだろう。

これは「ていぞう」と読む。同じように逓減という言葉もある。

意味は、数量がしだいに増える(減る)ことのようだ。

わざわざ難しい感じ使わないで増加でいいじゃないか!

と思ってはいけない。私だってそう思ったが(笑)

でも、この”しだい”にというのがミソだ。

規模の経済が働いていることを、「収穫逓増」という

つまり、収穫(おそらく利益)が次第に増えるということを意味する。

この言葉はとりあえず、覚えておいたほうがいい。

範囲の経済

規模の経済に似た言葉で、

「範囲の経済」

という言葉がある。

これはあんまり聞いたことがないかもしれないが、規模の経済の意味から、連想して少し想像してみてほしい。

なんとなく想像できたと思うが、意味は

「お互いに関わりがある複数の商品を、別々の企業で生産するよりも、一つの企業で生産するほうが費用が安くなる状態」

範囲の経済が働いているという。

編集後記

規模の経済という言葉は、実務上でもよく聞くキーワードですね。
経済学上での定義を間違わないように説明しました。

お断り

当ブログは、「先生が教えを生徒に説明をする体(てい)」で書いていますので、ご理解の上ご参考にしてください。
もし、間違った表現などがあれば、こちらへ修正内容を添えてご連絡ください。

▼▼▼続きを読みたい人は、ぜひシェア!▼▼▼

関連記事

  1. 代替財と補完財とは?|ミクロ経済学(14)

  2. ヘクシャー・オリーンモデルとは?|ミクロ経済学(23)

  3. ワルラス的不安定なのにマーシャル的安定?|ミクロ経済学(18)

  4. 損益分岐点と操業停止点|ミクロ経済学(3)

  5. 人々はなぜ貿易をするのか|自由貿易による余剰|ミクロ経済学(24…

  6. 確実な50万と多分100万あなたはどっち?期待効用仮説|ミクロ経…

おすすめ記事

  1. 貿易に関税をかけると余剰はどうなる?|ミクロ経済学(25)
  2. 人々はなぜ貿易をするのか|自由貿易による余剰|ミクロ経済学(24)
  3. ヘクシャー・オリーンモデルとは?|ミクロ経済学(23)
  4. 絶対優位でなく比較優位がスゴイ|国際貿易|ミクロ経済学(22)
  5. パレート効率的な状態の事例|ミクロ経済学(21)

最新記事

  1. 略式組織再編とは、支配関係のある会社間での組織再編について、十分な支配下にある株式会社での株主総会決…
  2. 簡易組織再編とは、簡単に言うと、組織再編を通して、対価を受ける側の企業が、その対価が十分に少ないとき…
  3. はじめに ここまでは、完全競争市場という社会的余剰が最大化された市場…
  4. 寡占市場独占市場はプライスを決定する一企業が存在する市場である。寡占市場は、かせんし…
  5. 独占市場ここでは、不完全競争市場の最初のモデルとして、独占市場について、大事なポイントだ…

カテゴリー

おすすめ記事

  1. 略式組織再編とは
  2. 簡易組織再編とは
  3. 情報の不完全性|ミクロ経済学(29)

Facebook

【注意】記事へのコメント欄について

コメント欄はスパムが多いため大変申し訳ございませんが中止とさせて頂きました。修正加筆など含めこちらからご連絡いただければ、内容によりますが記事に反映することも可能です。
ページ上部へ戻る